ニュース

企画展「発掘された日本列島2013」開催のお知らせ

NEWS

関西大学東京経済人倶楽部の新しい運営委員である、宮内庁勤務の徳田様からのお知らせです。 〜徳田様より〜 平成元年に,関西大学大学院文学研究科修了した徳田です。本年度より東京経済人倶楽部の運営委員を仰せつかっております。 さて,私の勤務する宮内庁が文化庁と共催して,書陵部が所蔵する埴輪の逸品を展示することとなりました。普段は展示していないものばかりですから,是非この機会にご高覧賜りたくご案内申し上げます。 なお,本展示会は11月から大阪府高槻市へも巡回しますので,関西の校友の皆様にはその機会にご覧頂ければと存じます。 〜企画案内〜 東京・両国の江戸東京博物館で6月8日(土)から7月25日(木)まで、文化庁主催の企画展「発掘された日本列島2013」が開催されています。 全国で毎年約8000件近く発掘調査が実施されているそうですが、その成果に実際に触れる機会は極めて限られています。本企画展は、平成7年度からその前年度などで特に注目された出土品を中心とした展示を構成し、埋蔵文化財に親しみ、その保護の重要性に関する理解を深めて頂くことを目的として始まった展示会です。 また、上記企画展の中で、宮内庁による特集展示「陵墓の埴輪」として,陵墓から出土したさまざまな埴輪の展示を行っています。陵墓の調査において出土した埴輪を中心に展示し,陵墓の文化財的価値を広く知ることのできる機会となっています。 日本の歴史を体感できる貴重な機会とのことですので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
徳田様撮影
  詳細は以下の通りです。
会期 平成25年6月8日(土)~7月25日(木)
会場 江戸東京博物館(東京都墨田区横網1-4-1) 常設展示室5階 第2企画展示室 http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/access/map/index.html
時間 午前9時30分から午後5時30分 (土曜日は午後7時30分まで。入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日 ※ただし、7月15日(月)は開館、7月16日(火)は休館
主催 文化庁、東京都、東京都江戸東京博物館
共催 宮内庁
料金 一般600円
HP http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/exhibition/project/2013/6/index.html
徳田様撮影