ニュース

「若手会 7月講演会」開催報告(2015年7月18日開催)

REPORT

若手会代表の山田です。 7月18日関西大学東京センターにて東京経済人倶楽部 若手会の勉強会として「成功は失敗のもとーソニーに見る成功と失敗の本質、新商品開発のヒント」を行いました。 講師の先生、参加していただいた皆様、ありがとうございました。 今回はソニーの第一線の技術者として活躍されていた講師の先生から70年代 80年代 90年代とどのようにソニーが発展し日本を代表する企業となったのか、またその時に社内ではどのように製品を開発していたのか?社内の人のモチベーションは?など中の人からしか聞けないエピソードを交えてお話を伺いました。 私は今回のお話では、歴史上の成功例・失敗例の事実から学ぶ事の大切さを感じました。 そして、今の時代、ものを作るにしても新しいビジネスを起こすにしても環境が整ってきて少人数で事業立ち上げができるようになってきています。 ソニーがかつてアナログ時代に輝いていた時もそのような少人数で製品を作ることを行っていたそうです。(機械+エレキ+デザイナーのチーム数人でとか)デジタル時代になって多くの開発人員が必要になった時から意見が丸まってしまったり予算をとってきたり、という仕事が必要になりましたが、今の時代はいろいろなソフトや製造するための仕組みが パッケージとなり、協力してくれる人を集めれば少人数でものを作ることができます。 この時代ならとがったアイデアを形にしたり、しやすくなっているはず!ということで私も頑張っていきたいと思います。 今後 勉強会はシリーズ化していきます。詳しい情報はまたアップしますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。