ニュース

「経営コンサルタントになる条件」~経営コンサルタントのキャリア形成と経営改革の現場~

INFORMATION

【セミナーのご紹介】 経営コンサルタントは、クライアントから相談をうけ、様々な企業が抱えている問題点や課題の解決を支援する職業です。 企業に入り、チームを組成し、常に困難な課題解決に取り組んでいくのは、まさに本会のテーマである「挑戦」の連続です。 今回の講師は経営コンサルタントとして、製造業、小売サービス業など数多くの企業の改革に携わり、 また過去には上場大手小売企業で、商品調達、供給部門の独立採算事業部門のトップとして、 事業構造改革等を推進し、約2億円の収益改革を実現された 小河原光司氏を講師にお招きして、ご講演いただきます。 小河原氏のキャリアと思い、コンサルタントの仕事と実際の仕事での生々しい事例や裏話、 そして、それらの経験からくる「成長する会社の条件」をご説明いただきたいと思います。 今後、企業の変革や成長を担う皆さんにとってコンサルティングのアプローチや考え方や経験からくる 企業の見方は一助になること間違いないでしょう。 奮ってのご参加、お待ちしております。 【講師プロフィール】 小河原 光司 (おがわら こうじ) 株式会社日本能率協会コンサルティング チーフ・コンサルタント 。 ・1997年、早稲田大学社会科学部卒業後、1997年、上場小売業界最大手企業入社。 ・2000年に株式会社日本能率協会コンサルティング入社し、大手企業を中心に 製造物流部門から経営戦略に至る一連のバリューチェーンの改革に携わる。 ・その後、上場小売業において、商品本部長兼事業開発室長責のもと、 MD改革 及び新規事業を推進。商品と業態の一体開発による、店頭改革のみならず、 SPA化、外販強化、取引制度改革を実行。 ・また、経営会議メンバーとして、商品部門のみならず、全社収益改革を推進。 ・2014年より、株式会社日本能率協会コンサルティングに復職、現在に至る。 【主要コンサルティング領域】 ・事業戦略立案 ・業務改革 ・MD改革・チャネル改革 ・バリューチェーン(SCM/DCM)改革(在庫適正化、リテイルサポート改革、 需要予測精度向上、取引制度改革) 【主な著書等】 ・輸送経済新聞:物流M&Aの潮流(10回シリーズ) ・月刊ロジスティクスビジネス:難局をチャンスに変えるSCM ・日本経済新聞:近畿経済版に有識者としてのコメント掲載                他多数

日時 2016年11月8日(火) 勉強会:19時~20時30分/懇親会:20時30分~(別会場調整中)
会場 関西大学東京センター http://www.kandai-tokyo-keizaijin.com/access/
対象 原則として関西大学を平成元年以降に卒業した方
講師 小河原 光司 氏(株式会社日本能率協会コンサルティング チーフ・コンサルタント)
会費 倶楽部会員 1,000円 非会員 2,000円/懇親会費 4,000円 (懇親会のキャンセル連絡は前日午前中までにお願いします)