ニュース

サラリーマンから起業、そして今

INFORMATION

10月3日(金)に第3回次世代イノベーション部会を開催いたします。 今回は「サラリーマンから起業、そして今」と題して、関大OB(1997年工学部卒)の久保 正英氏が講師を務めます。 久保氏は関大卒業と同時に山崎製パン株式会社に入社し、そのユニークなアイデアでヒット商品を幾つか産み出してきました。その後、大手菓子メーカー等を経て、2010年にマーケティングコンサルタントとして株式会社KUBO経営コンサルティングオフィスを起業します。また事業会社として農業を核とした食の会社 株式会社シンプル・べジを立ち上げ、春菊を中心とした農作物の栽培さらには加工食品化を推し進め、自らのマーケティング能力に磨きを掛けておられます。 今回、1人でも多くの志の高い起業家が産まれることを願い、サラリーマンと起業家の違い、起業のすばらしさ、さらには起業後の資金繰り等々の苦しさを乗り越えてきたリアルなご経験や思いをお話いただきます。 「いまのお勤めの会社で本当に役立っていますか?役立っているとはどのようなことでしょうか?そして本当に役立っているのであれば起業できる!」という久保氏のメッセージをぜひ聞きにきてください。ビジネスマンとして、あるいは仕事に向き合う姿勢の面で参考になることや気づきが多々あろうかと思います。奮ってご参加ください。 【講師プロフィール】 久保 正英 氏 関西大学工学部 応用化学科卒業(1997年) 山崎製パン株式会社等の大手食品企業、株式会社ビジネスブレイン太田昭和等の大手コンサルティング会社を経て現在に至る。現在は株式会社KUBO経営コンサルティングオフィス代表取締役、中小食品企業252社の会員組織一般社団法人エコ食品健究会代表理事、株式会社シンプル・べジ代表取締役を務め、全国中小規模企業の方々にコンサルティング並びに講演を通じてマーケティングを指導している。 ≪主な著書・共著≫ 飲・食品企業の的を外さない商品開発(カナリア書房)せがれ(TAC出版) ≪主な委員歴≫ 農林水産省『農林水産分野における総合的環境情報表示のあり方調査検討事業』委員(2014年~)環境省『CO?排出量見える化 消費財分科会委員』(2008年‐2009年) ≪主な受賞歴≫ 第3回カーボン・オフセット大賞 奨励賞(2014年エコ食品健究会で受賞) 中小企業経営診断シンポジウム第1分科会 中小企業診断協会 会長賞(2013年) フード・アクション・ニッポン販売促進・消費促進部門 入賞(2012年エコ食品健究会で受賞)

「次世代イノベーション部会とは」

自己革新・自己啓発のための様々な「イノベーションプログラム」を提供することに  よって、イノベーションマインドあふれる「関大の若い力」の育成に寄与し、ひいては東京経済人倶楽部の更なる発展と母校の繁栄に寄与することを目指す、若手~中堅のための勉強会です。

設立目的 講演会等による知識習得と自己啓発、情報交換、ネットワーキング構築
対象者 関西大学を原則として平成元年以降に卒業した方 ※以前にご卒業の方へも応相談
部会代表 山内一昌(昭50学1法) 【関大東京経済人倶楽部運営委員 ユニバース開発㈱ 常任監査役】
運営委員 岩尾英志(昭63学1法) 【(株)リロ・ホールディング 取締役】 安本勇治(平08学1法) 【(株)日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルティング・プランナー】
事務局 大津武(昭60学1英) 【(株)丹青モールマネジメント 代表取締役社長】
問い合わせ ku-tokyo@ml.kandai.jp

  ※ご出欠について 当日は勉強会の後、懇親会を行います。懇親会にご出席予定で、欠席のご連絡を当日頂いた場合(ご連絡無かった場合も含む)は、懇親会会費を申し受ける場合がございますので、ご了承下さい。