ニュース

第4回 関西大学東京経済人倶楽部 勉強会(2022年3月8日実施)

NEWS

VUCAの時代といわれる今、関西大学の学是である「学の実化(がくのじつげ)」の精神で、産業界全体の構図が見渡せることを目的として倶楽部会員ならびに関西大学校友を対象とした勉強会を開催いたします。

集う皆さま方にとって「上質な学びの場」となれば幸いです。



日時


2022年38日(金)

18:001900

(受付開始 17:30~)


終了後、懇親会を開催予定(参加費:実費)

※懇親会の開催可否については政府の方針に準拠します。

場所


関西大学 東京センター

(アクセスはこちら

東京都千代田区丸の内1-7-12

サピアタワー9F

内容


スパイと“ビジネス・インテリジェンス”」

現代はデータが人類をのみ込んでおり、世界のスパイたちはデータの奪い合いを繰り広げています。

そんなデジタル時代の諜報活動の実態を掘り下げることで、スパイからビジネスパーソンが学べる”ビジネス・インテリジェンス”についてご紹介いたします。



● 講師 ●   

山田 敏弘 やまだ  としひろ

(国際ジャーナリスト)

定員


会場 50名 / オンライン同時配信あり

※今後の感染拡大の状況や政府方針等により変更する場合がございます。

 その場合は当HP上にてお知らせいたします。

参加費
無料

申込み


こちらのお申込みフォーム、またはお電話にてお願いいたします。

お問合わせ


関西大学東京経済人倶楽部事務局

(関西大学東京センター内)
T E L:03-3211-1670
MAIL:ku-tokyo@ml.kandai.jp

■講師プロフィール

  profile

山田 敏弘 やまだ  としひろ


1974年生まれ。講談社、英ロイター通信社、『ニューズウィーク』などで活躍。

その後、米マサチューセッツ工科大学でフルブライト・フェローとして国際情勢とサイバーセキュリティの研究・取材活動にあたり、帰国後はジャーナリストとして活躍。

著書に『モンスター 暗躍する次のアルカイダ』(中央公論新社)、『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』(文藝春秋)、『CIAスパイ養成官 キヨ・ヤマダの対日工作』(新潮社)、『サイバー戦争の今』(ベスト新書)、『世界のスパイから喰いモノにされる日本』 (講談社+α新書) 。

近著に『死体格差 異状死17万人の衝撃』(新潮社)などがある。








※ 「関西大学東京経済人倶楽部」への新規入会のご案内
  入会条件等ございますので、こちらからお問い合わせください。
  規約等資料をお送りいたします。